平成31年度(令和元年度) 通常総会並びに研修会

通常総会並びに研修会

日時 平成31年4月19日(金) 午後1時30分~

会場 新潟グランドホテル 三階「悠久」

【 総 会 】 (参加者131名・委任状1324名 合計1455名)

◇会長挨拶の後、若草こども園石倉園長先生が議長に選出され、次第に沿って議事が進行された。

・平成30年度事業報告及び決算報告が承認され、監事の山五十嵐こども園富樫園長先生より監査報告がなされた。

・新年度の事業計画(案)と予算(案)がそれぞれ決定された。

・感謝状贈呈(5名)

・新園長紹介(13名)

【 研 修 会 】

◇第一部

演題「新潟市の幼保小連携 子どものためのアプローチカリキュラム」

講師 上越教育大学 特任教授 長谷川敬子氏

 

・乳幼児期は人生最初の人格形成の基礎を培う最も大事な時期である。

・どんな時に、子どもの発達に支障が出るのか?

・今、注目されている非認知能力とは?

*なぜ非認知能力が大事なのか、またどのように身につけ、どう伸ばし

てあげればよいのか。

・五歳の九月頃からのアプローチカリキュラムによって、小学校入学後のスタートカリキュラムへつなげる。

*保育所保育指針における「養護」の姿勢は、非認知能力の土台を育てることに直接つながる。それは主として0~2歳の時期である。

・新潟市でこれから始まるアプローチカリキュラムによって、かかわる力の

基盤づくりをいつも意識して、いつも笑顔で語り合う園であってほしい。

 

◇第二部

演題「保育の情勢について」

講師 社会福祉法人日本保育協会常務理事 杉上晴彦氏

 

・「ニッポン一億総括躍プラン」の概要。十月から始まる「幼児教育・保育の

無償化」に関する考え方や制度に向けた方針が報告された。

・最近の「子ども・子育て会議」の実施状況など、国の保育施策について丁

寧な説明がありました。

 

【 情 報 交 換 会 】

◇ご多用中にもかかわらず、大勢のご来賓(14名)と園長先生方にご出席をいただき、賑やかで有意義な時間を過ごすことが出来ました。

 

   

「平成30年度 新年園長研修会」開催

平成31年 1月25日(金)ANAクラウンプラザホテルに於いて「新年園長研修会」が開催されました。

第1部研修会の1コマ目は、新潟市こども未来部保育課長 加藤浩志様から「新潟市の保育行政について」と題してご講演いただきました。

「安心して子どもを産み育てられる新潟市」の取り組みについて丁寧にご説明していただきました。

2コマ目は、マジシャン マイク太田様から「新春マジックショー」を観せていただきました。マジカルなステージに歓声があがり、あっという間に時間が過ぎました。

第2部新潟市保育課様との情報交換会は、加藤課長、赤塚指導保育士、吉原指導保育士、森課長補佐からご参加いただき、保育施策に対する現状と課題等について、情報交換させていただきました。

新春お楽しみ抽選会もあり、盛会に行われました。

 

「平成30年度 年末研修会」開催

11月22日(木)新潟グランドホテルに於いて「年末研修会」が開催されました。 新潟市長 中原八一様代理として、新潟市副市長 木村勇一様、参議院議員 塚田一郎様をはじめご来賓の皆様をお迎えし、76施設249名の皆さんから参加していただきました。 研修会では、三味線プレーヤーの史佳氏から『三味線と生きる~絶望から救ってくれた母の一言~』と題して、自らがサラリーマン時代に患った「うつ病」から回復したエピソードをご講演いただきました。また、津軽三味線のスタンダード「津軽じょんがら節」やオリジナル曲も演奏していただき、参加者全員が三味線の音の響きに包み込まれました。  開会式では、平澤会長の挨拶にはじまり、平成30年度各種表彰を受けられた皆様をご紹介し、長年のご功労に拍手を贈りました。  情報交換会では、日頃の保育・幼児教育を実施する中で、思っていることなど交流し、より一層親睦を深めることができました。

 

 

新潟まつり大民謡流し

8月10日(金)恒例の新潟まつり大民謡流しが実施されました。195名の会員の皆様からご参加いただき、大行列で揃った踊りを披露するとともに新潟市私立保育協会を広報することができました。

  

今年の夏は酷暑でしたが、この日の萬代橋は川からの風が気持ちよく、楽しく踊ることができました。途中、ちびっ子の踊り子さんも飛び入りで参加してくれました。ちびっ子の踊り子さんの愛らしく、かわいらしい笑顔こそが、新潟市私立保育協会のねがいです。